精神科の求人では、場合によっては外国語が必要なこともあるかもしれません。苦労しているお医者さんもいるようです。

病院の求人について知りたい
SITE NAVI
サイト内検索(by Google)
病院の求人について知りたい

精神科の求人では外国語も必要

精神科の求人は、他の科よりも少し特殊な点がいくつかあるようです。そのうちの一つが、外国人の患者さんだそうです。というのは、内科や外科ならば、人種によって大した差はありません。アメリカ人も日本人も、同じように胃腸炎になるでしょうし、中国人も日本人も、ケガをしたら傷口を縫うのは一緒です。けれど、心の病気、もしくは脳の病気というのは、言葉で説明しなければならないことがとても多いです。専門のお医者さんがブログで書いていらっしゃいましたが、他の科と比べて、日常的に英語やドイツ語を使ったりはしないそうで、だからこそ外国人の患者さんが来たときには神経を使うのだそうです。言葉の問題ももちろんですが、人種や宗教が違うことで、投薬に関する考え方の違いもあるのだそうです。

日本やアジアでは、比較的抵抗も無く、向精神薬を服用しますが、欧米では拒否をする患者さんもいるそうです。精神的な問題を、科学的、医学的に解釈する文化を認めない人もいるようで、そのような方に納得してもらい、治療を受けさせるのは、お医者さんの経験が問われます。それに、人種によって病気の症状もかなりバリエーションがあるようで、日本人だけを診察していては見逃してしまう症状、見誤ってしまう症状も多いと思われます。かといって、病状が深刻な時期には飛行機などの長距離移動も難しいため、帰国させるためにもなんとかして日本で病状を落ち着かせてあげねばならないのです。

注目情報